徳島 最下位でJ2降格も小林監督の続投決定 来季で4年目

[ 2014年12月7日 11:05 ]

 今季のJ1リーグ戦で最下位となり、来季J2に降格する徳島は7日、小林伸二監督(54)と来季も引き続き監督として指揮を執ることで合意したと発表した。来季が4年目の指揮となる。

 小林監督はクラブを通じ、「1年間、熱い応援をいただきましてありがとうございました。来年はJ2リーグで戦うことになりますが、チームと個人がレベルアップをして、今年経験した厳しいJ1の壁を打ち破ることが出来るような、J1でチャレンジできるようなチームをもう一度しっかり作りたいと思います。来シーズンも徳島ヴォルティスの指揮を執ることができるということは、本当に光栄なことだと感じていますので、精一杯努力をしてこの仕事に精進し、1年でのJ1復帰に向けてクラブと共に邁進して行きたいと思います。ファン・サポーターのみなさま、クラブを様々な形で支えていただいているみなさま、来シーズンも引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月7日のニュース