長友 2大会連続W杯へ「強い責任と誇りを持って挑む」

[ 2014年5月13日 05:30 ]

2大会連続で選出された長友

W杯日本代表発表

(5月12日)
 不動の左サイドバック長友は2大会連続で選出された。自身の公式ブログで「南アフリカ大会に続いて2回目だが、感動している。きっとこの感動は何度出場しても変わらない」とコメントした。

 前回大会後にイタリアへ移籍。チェゼーナを経て名門インテル・ミラノに入り、今季はリーグ戦34試合で5得点と中心選手として活躍している。W杯は4年間の成長を証明する舞台となるが、自身は恩返しの機会と捉えており「W杯は恩返しできる最高の舞台。全ての人たちの思いを、選ばれた選手は背負ってプレー、行動していかなくてはならない。強い責任と誇りを持って挑みたい」と強い決意を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年5月13日のニュース