前半で交代の本田に厳しい評価…指揮官解任報道も

[ 2014年5月13日 05:30 ]

アタランタ戦の前半、攻め込むACミランの本田(手前)

 セリエAアタランタ戦で前半のみで交代させられたACミラン・本田に対し、12日付の地元紙は厳しい評価を下した。

 ガゼッタ・デロ・スポルトは4・5点を付けて「ますます謎の存在」と酷評。コリエレ・デロ・スポルトも4・5点で「シリンダーが一つ足りないようでは…」と自動車メーカーのホンダになぞらえた。また本田を起用したシードルフ監督を「頭がおかしい」となじったガリアーニ副会長は「誰かを非難したつもりはない」と釈明したが、コリエレ・デロ・スポルトは「シードルフは終点」と今季限りでの解任を示唆した。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年5月13日のニュース