吉田麻也が帰国 落選の細貝ら気遣い「彼らに恥じないよう戦う」

[ 2014年5月13日 10:51 ]

帰国し報道陣から渡されたボールを手にする吉田麻也

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に臨む日本代表に選ばれたイングランド・プレミアリーグ、サウサンプトンのDF吉田麻也(25)が13日、シーズンを終えて帰国し「いよいよという気持ち。日本のため、国を代表して頑張らないといけない」と自身初のW杯へ意気込んだ。

 3月に左膝を負傷し、復帰しないまま選出されたが、順調に回復している。21日から鹿児島県指宿市内で行う合宿では、最初からフルメニューをこなせる見込みという。

 落選した選手の中でも懇意の細貝萌(ヘルタ)、中村憲剛(川崎)とは連絡を取り、激励された。「悔しい思いは痛いほど分かる。彼らに恥じないよう戦いたい」と決意を述べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年5月13日のニュース