W杯ブラジル大会まであと1カ月 カウントダウン「31」切る

[ 2014年5月13日 10:02 ]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕まで12日で残り1カ月となった。決勝が行われるリオデジャネイロの観光地、コパカバーナ海岸に設置されたカウントダウン時計の残り日数は「31」を切り、サッカーの祭典のスタートまで秒読みに入った。

 リオデジャネイロ市内では、ブラジル国旗を掲げて代表を応援する動きも出始めたが、国内には政府の財政出動への批判などを理由にW杯に反対する意見が多く、この日も節目を祝う公式イベントはなし。大会への機運が高まるのは直前となりそうだ。時計の前で記念撮影していた大学生のサンドロ・マリーニョさん(23)は「開幕を楽しみにしている。いつもより国内は静かだけど、だんだん盛り上がるよ」と太鼓判を押した。

 地元ブラジル代表は26日から事前合宿をスタートさせ、28日にはオーストラリア代表が参加国の先陣を切ってブラジル入りする。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年5月13日のニュース