大久保サプライズ選出、コンサル分析では「組織に好影響」と評価

[ 2014年5月13日 09:17 ]

サッカー日本代表 ブラジルW杯メンバー発表

 組織としてのザックジャパンの評価について、組織開発コンサルティング「ピープル・フォーカス・コンサルティング」代表取締役の松村卓朗氏は、大久保の招集が「好影響を与える」と分析。ザッケローニ監督は「コミュニケーション重視」で地道に組織づくりを進めてきたため「サプライズはゼロだと思っていた」という。

 それだけに「一般企業でも刺激がなくて停滞した場合には、定期的に外部の人と接触するよう勧めている。新鮮な戦力はチームのスパイスになる」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年5月13日のニュース