青山 ACL豪遠征中に吉報、夫人と国際電話で涙…

[ 2014年5月13日 05:30 ]

地球儀のブラジルの位置を指さす青山

W杯日本代表発表

(5月12日)
 ACLのためオーストラリアを訪れている青山は宿舎ホテルの自室でその瞬間を迎えた。

 インターネット中継で自身の名前が読み上げられると、日本にいる夫人に国際電話をかけ、涙を流して喜び合った。その後、ロビーに出てくると、広島の森保監督と20秒間の熱い抱擁。「森保さんから“アオは代表になれる”と言っていただいていた。その思いを素直に出した」と照れ笑い。

 28歳で初のW杯という事実に苦労がにじみ出る。08年北京五輪は最終予選で出場権獲得に貢献しながら、右足の指を骨折して本大会に出場できなかった。その後も負傷を繰り返しながらも夢をつかみ「意地ですね。奪ったボールを前に入れる意識を持ちたい」と縦パスで貢献を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年5月13日のニュース