FIFA会長、人種差別などに処分要請「制裁を下さなければ」

[ 2014年5月13日 10:50 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は12日、短文投稿サイトのツイッターで、人種差別や観客の暴力行為に対して適切に対処するように各加盟協会に訴えるメッセージを発した。

 スペインやイタリアで黒人選手への差別行為が相次ぎ、11日のロシア1部リーグでは観客が選手を殴って試合が打ち切りになった。ブラッター会長は「制裁を下さなければならない」とつづった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年5月13日のニュース