鳥取 熊本からDF福王が完全移籍「1日でも早く鳥取の福王忠世と呼ばれるように」

[ 2014年1月14日 17:05 ]

 J3に降格した鳥取は14日、J2熊本からDF福王忠世(29)を完全移籍で獲得したと発表した。

 兵庫県出身の福王は、C大阪ユースから2003年にトップチーム昇格。05年に当時九州リーグだった熊本に移籍した。通算成績はJ1が0試合0得点、J2が132試合4得点、JFLが33試合3得点、九州リーグが17試合1得点。

 福王は鳥取を通じ、「こんにちは。この度ガイナーレ鳥取に加入することになりました福王忠世です。まず、鳥取でプレーさせてもらうにあたり、鳥取の関係者の皆様、チームが決まるまでにご尽力いただいきました皆様に感謝致します。今年、鳥取の目標であるJ2昇格に向けて、少しでも力になれるよう魂を込めてプレーします。1日でも早く、鳥取の福王忠世と呼ばれるように頑張ります。よろしくお願いします」とコメント。

 9年間在籍した熊本を通じては、「あけましておめでとうございます。今年、ロアッソ熊本にとって素晴らしいシーズンになることを心から願っています。この度、ガイナーレ鳥取に加入することが決まりました。J3という違うカテゴリーになりますが、ロアッソ熊本のことは常に頭に置いていますし、ロアッソで経験させてもらったことを鳥取で生かしたいと思います。ありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月14日のニュース