ハインケスが最優秀監督を受賞「とても幸せ」 女子最優秀選手は独代表GK

[ 2014年1月14日 14:01 ]

女子最優秀監督のドイツ代表ナイト監督(左)と男子最優秀監督に選ばれたハインケス氏

 国際サッカー連盟(FIFA)は13日、スイスのチューリヒで2013年の世界年間表彰式を開き、FIFA最優秀監督に前バイエルン・ミュンヘン監督のユップ・ハインケス氏(68)を選出した。

 昨季限りでバイエルンMを退任したハインケス氏は「とても幸せだ。この賞はバイエルンでともに働いたすべての人々のものだ」と喜び、「彼らのパフォーマンスは素晴らしかった」と選手たちを賞賛した。

 同氏はリーグ、欧州チャンピオンズリーグ、ドイツ杯を制覇し、バイエルンMを史上初の3冠に導いた実績が高く評価された。最終候補に残った前マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏(72)とドルトムントのユルゲン・クロップ監督(46)を退けて、初受賞。

 女子の最優秀監督にはドイツ代表のジルビア・ナイト監督(49)が選ばれ、女子の最優秀選手にはドイツ代表GKアンゲラーが受賞した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月14日のニュース