東京V FW杉本が復帰…昨年7月からJFL町田に期限付き移籍

[ 2014年1月14日 16:05 ]

 J2東京Vは14日、昨季途中からJFL町田(今季からJ3)に期限付き移籍していたFW杉本竜士(20)が今季からチームに復帰すると発表した。

 東京都府中市出身でジュニアユース、ユースと東京Vの下部組織育ちの杉本は、高3だった2011年に2種登録選手としてJデビューし、翌12年正式にトップチーム昇格。昨年7月から町田に期限付き移籍し、JFLでの成績は8試合3得点だった。J2通算成績は6試合0得点。

 杉本は東京Vを通じ、「今シーズンからヴェルディに戻ってくることになりました。半年間FC町田ゼルビアで経験したことを生かして、ヴェルディのJ1昇格に貢献できるように頑張ります。今シーズンも応援をよろしくお願いします」とコメント。

 町田を通じては、「ヴェルディに復帰することになりました。ゼルビアでは、半年という短い間でしたが、素晴らしいサポーターやスタッフ・チームメイトに囲まれた中でプレーすることができ、とても幸せな半年間でした。ありがとうございました。今シーズン、町田での経験を活かし、ヴェルディでもう1度、頑張りたいと思います。同時に、ゼルビアがJ2に昇格できるよう心よりお祈り致します。最後になりますが、ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、本当にお世話になりました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月14日のニュース