選手交代ズバリ的中!!スーパーサブ村井が会心の優勝弾

[ 2014年1月14日 05:30 ]

<富山第一・星稜>延長後半9分、決勝ゴールを決める富山第一・村井(右端)

全国高校サッカー選手権決勝 富山第一3―2星稜

(1月12日 国立)
 無我夢中だった。2―2の延長後半9分。ゴール前の混戦から振り抜いた左足シュートがゴール右上に突き刺さった。優勝への一発。決めたのは富山第一が誇るスーパーサブのMF村井だった。

 準々決勝・日章学園戦でも得点。2点ビハインドの後半32分に大塚監督から「ゴールに絡んでこい」と送り出され、村井は「ここで決めたらヒーロー」と燃えていた。そして42分に1点差に迫るアシスト。勢いをもたらすと、最後は狙い通りヒーローの座を射止めた。「今までで一番うれしい得点」と村井。卒業後は東邦大に進学。「将来はプロを目指したい」という。“トミイチ”の歴史を作ったヒーローの夢は、まだ終わらない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月14日のニュース