松本 名古屋から期限付き移籍していたMF吉田が移籍期間満了で退団

[ 2014年1月14日 17:49 ]

 J2松本は14日、J1名古屋から期限付き移籍していたMF吉田真紀人(21)が期限付き移籍期間満了に伴い、退団することを発表した。

 千葉県出身の吉田は、横浜ジュニアユース、流通経大柏高を経て2011年にJ1名古屋入り。13年からJ2松本に期限付き移籍で加入していたが、1試合0得点に終わった。通算成績はJ1が7試合0得点、J2が1試合0得点。

 吉田は松本を通じ、「たくさんのファン・サポーターの方に応援していただいたにも関わらず、チームの力になることができず申し訳なく思っています。松本山雅FCでプレーできたことは、すごく貴重で楽しい時間でしたし、あのアルウィンでプレーできたことは一生忘れません。僕を支えてくださったファン・サポーター、クラブ関係者の皆さまには大変感謝しております。ありがとうございました」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月14日のニュース