千鳥・大悟「ほんま病気じゃないかって…」ワイプの顔が“ゾンビ”だったワケ

[ 2021年1月26日 10:08 ]

千鳥の大悟
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千鳥」の大悟(40)が24日に放送された日本テレビの新番組「千鳥VSかまいたち」(日曜後0・45)に出演。同局の「世界まる見えテレビ特捜部」に出演した際、ファンから体調を心配された真相を明かす場面があった。

 相方のノブ(41)が「いろんな番組やりましたけど、あれとか覚えてない?」と切り出し、「ツイッターでファンの方から『大悟さん、体調大丈夫ですか?』って入ってきて『凄い顔でテレビ出てます』って言うから、『何~?』と思って、テレビつけたら『世界まる見え』でワイプの大悟が顔が紫なんですよ。『大悟、いつ体調壊したんや!』って思って見ててん」と明かした。

 その話を聞いていた大悟は「最初の、たけしさんにやられるやつあるやん。墨みたいな」と番組オープニングでのビートたけし(74)の“いたずら”について説明。「わしがバシャンって墨をかけられて、あそこって一番若手がやられる。で、待たんやん。もうVTRに行ってて、その裏で(墨取りを)やってて、VTRに間に合わないといかんから、わしが『もういいです』ってしっかりと取らずに、何となく薄っすら洗ったから、ちょうどリアルな死人みたいな顔でずっとVTR見てた」と真相を語った。

 ノブも「めっちゃ怖かった。おもしろ汚しじゃないから」と告白。大悟も「テレビ見てる人はほんま病気じゃないかって思うぐらい」と苦笑。実際の写真も披露され「ギリギリ落ちてないからリアルやねん」と笑った。

 「かまいたち」の山内健司(40)も「ゾンビになるのをギリギリ耐えてる顔です」とツッコミ。大悟は「動物の衝撃映像とか流れてるのに、それでよりみんなワイプの大悟見てるの」と振り返り、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月26日のニュース