高知東生 木村花さん訃報にショック、ネット中傷に「繊細で空気が読めすぎる人だったのでは」

[ 2020年5月23日 20:55 ]

高知東生
Photo By スポニチ

 俳優の高知東生(55)が23日、自身のツイッターで、この日22歳の若さで死去したことが分かった女子プロレスラーの木村花(きむら・はな)さんについて言及した。

 高知は訃報に接し「ショックだ。SNSで誹謗中傷ばかりを目にしていると現実社会でも全員に嫌われているように錯覚してくる」とつづり、「俺は、現実社会でたまたま『あなたが必要』と言ってくれる人に出会え救われたが他人事とは思えない。事件を起こした俺と一緒にするなと誹謗中傷されそうだけど」と、2016年に覚醒剤取締法違反罪で懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けた経験を重ね合わせた。

 続いて「愛してくれた人も沢山いたはずだが、誹謗中傷で自信がなくなると、その愛が見えなくなってしまう。そして、孤独という檻に閉じ込められる。誰か1人でもいい。現実社会で寄り添ってくれる人と繋がれればと哀しくてならない」と、思いをつづった。さらに「テラハもたまたま見ていたが、俺の勝手な推測だけど、自分に与えられたキャラを期待に答えようと演じてしまったのかもしれない。繊細で空気が読めすぎる人だったのではと思う。だから余計に誹謗中傷が突き刺さったのかもしれない」と木村さんの胸中を推し量った。

 最後に「22歳の若さで・・・本当に悲しい。ご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

 木村さんは19年からプロレス団体「スターダム」に所属。「Netflix」で配信中の恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」にも出演中だった。SNSを通じて木村さんに対する個人攻撃があったとされている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月23日のニュース