北川悦吏子氏「愛していると言ってくれ」のトヨエツ絶賛“半分青い”秋風羽織と認識の人に「こんな美しい」

[ 2020年5月23日 21:10 ]

脚本家の北川悦吏子氏(撮影・小笠原真紀)
Photo By 提供写真

 ラブストーリーの名手の北川悦吏子氏(58)が23日、自身のツイッターを更新。脚本を手掛け、社会現象を巻き起こす大ヒットとなった1995年7月期のTBS金曜ドラマ「愛していると言ってくれ」が2020年特別版として本放送から25年ぶりに“復活”し、今月31日から4週連続でオンエアされることに言及した。

 「愛していると言ってくれ」(全12話)は95年(平7)7月7日~9月22日に金曜ドラマ枠(金曜午後10時)で放送され、豊川悦司(58)と常盤貴子(48)が主演を務めた恋愛ドラマの名作。幼い頃に聴覚を失った後天性聴覚障害者の新進青年画家・榊晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団に所属し演技の勉強を続けている女優の卵・水野紘子(常盤)による言葉を超えた純粋なラブストーリー。

 視聴率は全12話平均21・3%、最終回で番組最高となる28・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大ヒット。「DREAMS COME TRUE」による主題歌「LOVE LOVE LOVE」も約250万枚を売り上げ、この年のオリコンシングルランキング年間第1位となった。手話サークルへの入会者が爆発的に増えたきっかけを生んだと言われ、第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞も受賞。恋愛を通して、人間的にも仕事の上でも成長していく2人の愛の過程を繊細なカメラワークを駆使して描き、TBSのラブストーリーの決定版となった。

 北川氏は、朝ドラに初挑戦した2018年前期のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の師匠となる少女漫画家・秋風羽織を“怪演”した盟友・豊川に言及。「豊川悦司を秋風羽織だと思ってる人に、是非、是非是非見てほしいです!豊川悦司はこんなだったんですよ!この世にこんな美しいモノがあったのか!?」とつづった。

 ◆「愛していると言ってくれ 2020年特別版」放送日時
 5月31日(日)午後2:00~5:00
 6月 7日(日)午後2:00~5:00
 6月14日(日)午後2:00~5:00
 6月21日(日)午後2:00~5:00

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月23日のニュース