劇団ひとり 夏の甲子園中止に「延期という措置はできないのか」「かわいそうすぎる」

[ 2020年5月23日 13:37 ]

劇団ひとり
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の劇団ひとり(43)が23日、テレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)に出演。夏の甲子園大会が中止になったことに「致し方ない」と語りつつ、プロ野球界に救済策を求めた。

 このタイミングでの中止決定に、ひとりは「早くないですか?」と不満。「延期という措置はできないんでしょうかね」と訴えた。

 自身は野球をやらないと前置きしたうえで、「仮にプロ野球がうまくいって、6月中旬にスタートする。プロ野球がやっているのに、自分たちが野球ができないってのは相当わだかまりがありませんか?」と指摘。「野球に限らず、全部の部活ですけど、部活動にとって最後に青春。何か、それに代わる何かを」と救済策を訴え、「かわいそうすぎる。日本中、みんなつらいと言えば、つらいんですけどね」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月23日のニュース