笠井信輔アナ、ラジオ共演の同期アナに明かした「中井だから言っちゃうけど」 闘病でビッグ夫婦から贈り物

[ 2020年5月23日 10:03 ]

笠井信輔アナウンサー
Photo By スポニチ

 悪性リンパ腫の闘病から仕事復帰した元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(57)が、23日放送のニッポン放送「中井美穂LOVE&MELODY」(土曜前8・30)に電話でゲスト出演した。

 番組の5月パーソナリティーでフリーの中井美穂アナウンサー(55)とはフジテレビに1987年入社の同期。互い、姓を呼び捨てで語り合い、「中井だから言っちゃうけど…」と闘病中の秘話を明かした。

 笠井アナを励まそうと病床には様々な送りものが届いたそうで、中には「もの凄く興奮したプレゼント」もあったという。中身はひざ掛けで、「“山下”って送られてきて。近所の山下さんかな?と思ったわけ。開けてみて手紙入ってて」とシンガー・ソングライターの山下達郎(67)と竹内まりや(65)からだったという。「それはもうね、飛び上がってワ~ッて言っちゃった。山下達郎さん、高校時代から大ファンで。毎年のようにライブに行って。ご挨拶もして。フリーになる報告なんかもしてたんだけど」と興奮は冷めない様子で報告した。

 今後については「とにかく、みんなと飲みたい」と話した後、フリーアナとして「やっぱりイベントの司会とか講演とか、みんなの前でしゃべるということを、いち早く戻る時代になればいいな」と新型コロナウイルスの収束を願った。

 笠井アナは昨年9月に32年間勤めたフジテレビを退社。フリー転身後の12月に悪性リンパ腫と診断されて入院、先月30日に退院した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月23日のニュース