メンタリストDaiGo ネット中傷には「情報開示請求やって訴訟したらいい」「今は全部たどれる」

[ 2020年5月23日 17:42 ]

メンタリストのDaigo
Photo By スポニチ

 女子プロレスラーの木村花(きむら・はな)さんが23日、死去したことが分かった。22歳。所属するプロレス団体「スターダム」が公式サイトで発表した。

 木村さんは19年から同団体に所属。「Netflix」で配信中の恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」にも出演中だった。

 SNSを通じてあったとされる木村さんに対する個人攻撃について、メンタリストのDaiGo(33)は自身のツイッターで「テラスハウスの木村花さんの訃報見てやはり思うけど、芸能事務所とかは、ネットの誹謗中傷に対して、【情報開示請求】ちゃんとやって訴訟したらいいと思う」と対抗手段を用いて闘うべきだと主張した。続けて「アンチに容赦など不要。損害賠償だけでなく、勤務先の会社にも内容証明送りつけて【社会的に抹殺】すべき」と強い言葉で具体的方法を示した。

 次の投稿では「今は情報開示請求で全部たどれるからね。僕は訴訟から勤務先への内容証明送付まで【示談なしで全部やりますよ】」とつづった。

 これにはフォロワーらから「徹底的に闘うべき」「本当にその通り」「そうしなければ同じことが繰り返される」など賛同する意見が多く寄せられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月23日のニュース