ナイツ 黒川検事長の記者との“賭け麻雀”に「そこらへんがズブズブの関係だったんじゃ」

[ 2020年5月23日 14:32 ]

お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(左)と土屋伸之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビの「ナイツ」の塙宣之(42)、土屋伸之(42)が23日放送のTBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)に出演し、新聞記者らとの賭け麻雀で辞職した東京高検の黒川弘務検事長(63)に関連してコメントした。

 「どっちから言い始めたんだろうね?『賭け麻雀しましょうよ』ってさ」と土屋。「(黒川さんが)記者の人に言うのもバレたら怖いっていうのがあるけど、記者の人もさ、検察官相手に賭け麻雀なんて、一緒にしたくない人たちばっかじゃん。記者と検察官ってすごいよね」と疑問を呈した。

 続けて「どっちも銃口を突き付けられているみたいな状況でね。そのスリルを味わってたのかな。どっちもアウトみたいな状況の賭け麻雀だもんね」と語ると、塙も「そこらへんがズブズブの関係だったんじゃないの。やっぱり。腐敗してますよもう」と嘆いた。 

 国会でも麻雀の賭けレートに関する質問が飛び交っていたが、麻雀をやらない塙は大まかな仕組みや、あえて覚えなくてもいい用語もへんに覚えてしまったという。「そこに興味を持っちゃう人も出てきちゃうから」と危惧し、締めくくっていた。
 
 黒川氏は新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中、新聞記者らと賭け麻雀をしたことが、21日発売の「週刊文春」の報道で発覚。同氏も賭け麻雀の事実を認めて辞表を提出し、22日に閣議で承認された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月23日のニュース