「声が好きな有名人」2連覇の福山雅治“イケボ”で呼び掛け「緊急事態宣言…もう少し頑張りましょう」

[ 2020年5月9日 16:31 ]

福山雅治
Photo By スポニチ

 歌手で俳優の福山雅治(51)が9日放送のTOKYO FM「福山雅治 福のラジオ」(土曜後2・00)に出演し、声について語る一幕があった。

 前日8日の「声の日」に、最先端の音声合成技術を使い、声のサービスを提供している会社「コエステーションTM」が、声にフォーカスをあてたランキング「声が好きな有名人」を発表。全国の10~50代の男女1000人に対して行ったアンケートで、福山は昨年に続き、男性部門の1位を獲得した。
 
 今年はカテゴライズに声優もまじり、ランキングの対象になったが、そうそうたる“イケボ”声優を差し置いての1位。これに対し福山は「何で僕じゃあ、声優さんのお仕事をいただけないの?(声優)挑戦したいっす」とアピールした。

 声が好きな理由に「低くてセクシー」「落ち着く」などのほか、「本能があの声を求める」という回答もあったことに対して、即反応した福山。5位にランクインした事務所の後輩、佐藤健(31)が出演し、大きな話題になったドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)での役、医師の天堂先生の声をまねながら「これは…お注射しちゃうぞ」と盛り上げてから、「ありがとうございます。『本能が求める声』と過分なお言葉、大変光栄に思います」と締めくくった。

 また、番組冒頭で福山は「新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言、延期となりました。もう少し頑張りましょう。耐えましょう」と、“いい声”で呼び掛けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月9日のニュース