イリュージョニスト「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーン氏 新型コロナで死去

[ 2020年5月9日 18:50 ]

「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーン氏(AP)
Photo By AP

 ラスベガスで長年活躍したイリュージョニストで「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーン氏が8日、新型コロナウイルスによる合併症のため、ラスベガスの病院で死去した。75歳だった。

 ホーン氏は4月28日に新型コロナウイルスの検査で陽性になったと公表。治療を続けていた。コンビを組んでいたジークフリート・フィッシュバッカー氏(80)は「世界は偉大なマジシャンの一人を失い、自分はベストフレンドを失なった」とコメントしている。

 「ジークフリート&ロイ」は、ラスベガスで長年ホワイトタイガーを何頭も使ったステージを行い、80年代には日本でも公演を行っていた。ロイ氏は03年のショーの最中にホワイトタイガーに襲われ重傷を負い、復帰を果たしたものの09年の公演を最後に引退した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月9日のニュース