狩野英孝、100項目超のアレルギー反応で苦悩 医師からの意外な忠告「マンホールの上は…」

[ 2020年2月19日 13:36 ]

お笑いタレントの狩野英孝
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの狩野英孝(37)が19日、日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)にVTR出演。自身が抱える様々なアレルギーについて語った。

 数々のアレルギーに悩んできたという狩野は「甲殻類、お米、小麦、大豆、ナッツ、さくらんぼ、桃、りんご…」と、次々とアレルギー反応を起こす食品を挙げた。検査では、食品の他にも植物の花粉や動物のフケなど、100項目以上が陽性反応を示したという。「ひどい時は、頭皮もかゆくなる。頭皮をかくと、髪が切れるし抜けていくんですよ。もう、ハゲてるんですよ」と明かした。

 食品だけでも60項目以上の陽性反応があり、小麦や米のアレルギーを持っているため、レストランで「食べられるものがない」と告白。普段の食事について「お肉とお魚です。鶏肉・豚肉・牛肉、全然大丈夫です。基本、肉の生活です」と話した。

 食品以外のアレルギーにも注意せねばならず、医者から「マンホールの上は絶対通るな」と言われたという。その理由は、マンホールの下にはゴキブリやネズミが生息する下水道があり、そこから吹き上げてくる空気にアレルギーが反応するため。他にも犬、猫、タンポポなどにもアレルギーがあり「外を歩くときは要注意ですね」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月19日のニュース