新人賞・関水渚 舘ひろしに“迫られ”「舘さんの娘役をやりたいです」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

第62回ブルーリボン賞授賞式 ( 2020年2月18日    東京・内幸町イイノホール )

<ブルーリボン賞 授賞式>門脇麦(左)にマイクの位置を調整してもらう新人賞の関水渚(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 「町田くんの世界」で新人賞の関水渚(21)はマイクが口元より高い状態で「はじめまして、関水渚と申します」とあいさつ。声がクリアに伝わらず、司会の門脇麦が慌てて駆け付けて調整。「ごめんなさい」を繰り返す、初々しい姿に客席からは温かい笑いが起こった。

 今作が映画初出演で初主演。「お芝居の難しさ、奥深さ、全てを教えていただきました。そのおかげでお芝居のトリコとなりました」と石井裕也監督(36)に感謝。舘ひろしから「これからどんな役をやってみたい?舘さんの娘とか?」と迫られ「舘さんの娘役をやりたいです」と緊張しながら答えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月19日のニュース