舘ひろし 門脇麦と人生初司会も「二度とやりたくない」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

第62回ブルーリボン賞授賞式 ( 2020年2月18日    東京・内幸町イイノホール )

<ブルーリボン賞 授賞式>主演男優賞の中井貴一(右)と笑顔で話をする司会の舘ひろし(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ブルーリボン賞の司会は、前年の主演賞受賞者が務めるのが慣例で、今年は「終わった人」で男優賞の舘ひろし(69)と「止められるか、俺たちを」で女優賞の門脇麦(27)が担当した。

 人生初司会の舘は「門脇さんにお任せでやっていきたい」、門脇も同様で「舘さんとの初めてのお仕事なので精いっぱい頑張りたい」と抱負を述べた。

 2人が打ち合わせをする声がマイクを通して受賞者のスピーチにかぶってしまうハプニングもあったが、会場からは終始笑いも起き、和やかな雰囲気で進んだ。

 舘は「主演男優賞は欲しいけれど二度とやりたくない」と苦笑い。対する門脇は「撮影ではあまりお話しできないことも話せて楽しかった」と満足げに振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月19日のニュース