次長課長河本、タクシー運転手にメンチ切られ嘆き「鞄の金具がガシャーン」

[ 2020年2月18日 19:31 ]

「次長課長」の河本準一
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(44)、井上聡(44)が18日放送のニッポン放送「DAYS」(月~木曜後1・00)に出演。タクシーに乗車した際の出来事を語った。

 「めんどうくさいこと」のテーマで話題を振られた井上は、タクシーでのエピソードを披露。運転手からお釣りをもらうときの一コマとして「お札の上に小銭を置いて、その間にレシートを挟み込む人。先にくれよ、お札か小銭か。紙は紙でまとめてくれよ」と口にした。この話に、パーソナリティを務める中川家・礼二(47)は「分かりますよ」と共感。河本も「分かる」とうなずきつつ、「レシートが落ちないように小銭で挟んで、全部一回で渡せるようにって」と運転手のふるまいに理解を示した。

 タクシーの話で続き、河本も不満を吐露。降車の際に、忘れ物がないか自分で確認をするそうだが「そのときにドアを閉める人がいるんですよ。それで鞄の金具がガシャーンってなったときに、すげーメンチ切るんですよ向こうが」。その上で「閉めるのが早いですわ。いいですよって言ってから閉めたらいいですやん」と嘆いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月18日のニュース