ゆきぽよ「地元でカリスマ扱い」 ヤンチャ男と付き合って得た“称号”とは

[ 2020年2月18日 10:10 ]

モデルでタレントのゆきぽよ
Photo By スポニチ

 モデルでタレントのゆきぽよ(23)が17日深夜放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(深夜0・15)に出演。ヤンチャをしていた男性と付き合ったことで得た称号について語った。

 この日、ゆきぽよは過去のしくじり恋愛事情について授業。ヤンチャ男と恋をしてしまう理由を「地元で権力のある男に弱い」と話した。

 横浜出身のゆきぽよは「地元で権力のある人と付き合うと『あれ?○○くんの彼女だよね?』て、ちょっとした有名人気分を味わえる。それで、幅を利かせられる」と説明。「ヤンチャ男の彼女になると地元でカリスマ扱いになる」と言う。さらに「ヤンチャ男と付き合ったおかげで、とある称号を得ることができた」と告白。「港南のわがままお嬢」と呼ばれていたことを明かした。

 この称号に「当時はめちゃめちゃうれしかった。“お嬢”ってついてるのがゆきだけ」と語り、「となりの地元とかで『木村有希って知ってる?』って聞かれたら『ああ、港南のわがままお嬢でしょ?』って」と、エピソードを披露。スタジオから「すごい!」となどと声が上がり、共演したタレントの井口(いのくち)綾子(23)は「なんか、欲しい!私もこういうの!」と絶賛していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月18日のニュース