EXIT・兼近、先輩芸人の“過去の姿”に大笑い それでも最後は「成長ハンパねーな」と驚き

[ 2020年2月18日 22:55 ]

お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(28)が18日、ニッポン放送の特別番組「佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント」(火曜後8・00)に生出演。今、自身が楽しんでいることを明かした。

 最近になって「M-1グランプリ」にハマり出したという兼近。すると「過去のM-1てどうなってんの?」と、第1回が開催された2001年から見直すことにしたという。

 すると、まず初代チャンピオンの中川家を「ぶっちぎり」と大絶賛。逆に酷評していたのがフットボールアワーだった。兼近は「2001年のフットボールアワーの漫才がつまんなすぎて。オイ、こんなスベってんのかよって思った」とケチョンケチョンに斬り捨てた。

 テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏(44)は「(2001年の頃は)まあ、若手だからね」と、その結果は致し方なしといった感想。兼近はそれを聞いて「(今の)俺より若手だから。メチャメチャしゃべりヘタだし、緊張してて、かんでるし、笑っちゃって、逆に」と“兼近節”が止まらず。「過去のものを観てるっていうのが楽しすぎて」と、先輩の若手時代を思う存分楽しんでいた。

 しかし、2002年の映像を見て評価が一変。「フットボールアワー、めっちゃ面白くなってる。オイオイ、成長ハンパねーな。フットボールアワー、スゴいす」とまさに手のひら返し。「(やっぱMCまで上り詰める人は)違うなって思いましたね。スベってスベって伸びてきてるから」と、その成長力に舌を巻いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月18日のニュース