すみれ 目標はブロードウェーデビュー「本場でのミュージカルを英語でやってみたい」

[ 2020年2月18日 14:03 ]

ハワイ州観光局「サーフィン」記者発表会に出席したすみれ
Photo By スポニチ

 女優のすみれ(29)が18日、都内で行われたハワイ州観光局「サーフィン」記者発表会に出席。タレントの今井翼(38)と、7歳から育ったハワイや東京五輪種目のサーフィンなどをテーマにトークを繰り広げた。

 現地の魅力について、すみれは「歩いているパワースポットみたいな人が多い」と、元気をもらうことを強調。「今でもハワイとのつながりは続いていますね。最近は、お仕事で行かせてもらうことが多くなっていて。夜しかフリータイムがなくて」と充実ぶりをにじませた。

 ハワイでの大好きなサーフィンは、「なかなか行けないんですけど、時々、朝早く日焼けをしないように朝の5時とか6時くらいに。朝日を見るサーフィンって本当に最高なんでよ。天国にいるよう。パワーを感じて、日本に帰っても、お仕事頑張れるな」と”充電”になっているという。

 ハワイ育ちにとっては、「日本にいるとペースが速いな」と感じるといい、「歩くペースも働くペースも。(日本では)皆さん凄く働き者なので、私も頑張って働こうと思ったら、やっぱ充電がキレてきちゃう」と苦笑い。「やっぱりハワイに帰ってリチャージして、ピュアになって、クレンジングしてから、“また日本に戻ってお仕事頑張ろう”って言ってやってます」と、日米を往復する様子を明かした。

 抜群のスタイルと容姿、語学力とキャラクターを生かして活動の場を国内外に広げつつある。今後については「ミュージカルを。日本では出させてもらったことがあるんですけど、ブロードウェーに。アメリカの本場でのミュージカルを英語でやってみたいなという夢がありますね」と話し、「今年は出来るのかどうかは分かりませんけど、いつかはやってみたいですね」と期待を膨らませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月18日のニュース