古市憲寿氏 結婚は「どっちでもいい 一生一緒にいてもいいって思えます?」

[ 2020年2月18日 18:50 ]

 社会学者の古市憲寿氏(34)が18日、TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」(月~木曜後1・00)に出演し、自身の結婚観について語った。

 「2020 私、今年こそ結婚します宣言」のテーマでトークがスタート。古市氏は「人選間違ってますよね。おかしいでしょ」というものの「(結婚してもしなくても)どっちでもいい」と述べた。

 「僕は、絶対(結婚)したいとかはないですけど、絶対したくないもおかしいじゃないですか。そんな一生一人みたいな。ほんと、どっちでもいいなっていう」と改めて自身の考えを語った。

 パーソナリティーの高橋みなみ(28)が「相手がいたら、それはそれでだし、いつかはしてもいいみたいな感じなんですか?」と聞くと「相手とか…そんな現れるんですかね。(人に対して)一生一緒にいてもいいって思えます?」と逆質問。既婚者の高橋は「私は今、思ってますけどね、一応」と笑って答えた。

 子どもについても「どっちでもいいです、別に。絶対欲しいとかもないし」と話すと、「前、なんかテレビで言って、みんなからドン引きされたのが、自分の子どもじゃなくて、(結婚した奥さんに)もっといい男と子どもをつくって(もらって)、その子どもを自分の子どもとして育児したい」と述べた。高橋が「どういうことですか、心理的には。嫉妬しません?」と言うと、「もっといい人たくさんいるじゃないですか」と笑って語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月18日のニュース