今井翼「今年はサーファーデビュー」宣言 五輪の日本勢にも「金メダルを」

[ 2020年2月18日 13:31 ]

ハワイ州観光局「サーフィン」記者発表会に出席した今井翼
Photo By スポニチ

 タレントの今井翼(38)が18日、都内で行われたハワイ州観光局「サーフィン」記者発表会に出席した。

 メニエール病のため18年3月から活動を休止し、今月13日に徳島県内でのシスティーナ歌舞伎で舞台復帰。この日はタレントのすみれ(29)とハワイ愛を語り合い、サーフィンの基本的スタンスを教わる場面もあった。

 「僕は横浜生まれで、湘南育ちで、(毎年3~4回は出かける)ハワイはこれだけ好き。でも丘サーファーなんです」と恥ずかしそうに告白。波乗りは「なかなかきっかけがなかったんで…これを機にハワイへ行った時には、向こうにいる友達に教えてもらって、今年こそはサーフィンデビューしたい」と宣言。「ヨガもすきなので、サーフィンヨガも。今年はフラダンスも」と付け加えた。

 この日のイベントでは、プロサーファーの五十嵐カノア(22=木下グループ)がハワイ州観光局親善大使に就任したことが発表された。

 今井は、東京五輪種目のサーフィンに、「僕みたいにサーフィンの経験が無くても、より身近に躍動感を見られる大きなきっかけにもなる。プロのサーファーの方々が波と向き合う思いを目に焼き付けたいですね」と話し、「やっぱり五十嵐選手に頑張っていただきたい。期待の選手ですから」と注目選手を指名。

 「日本選手がメダルを獲る姿を凄く期待しておりますので。金メダルを目指して。日本人みんなでしっかりと応援したいですね」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月18日のニュース