中村仁美アナ、夫・大竹の言動にがく然 野球をやりたい長男に買ってきたものとは…

[ 2020年2月18日 22:22 ]

中村仁美アナウンサー
Photo By スポニチ

 元フジテレビのフリーアナウンサー、中村仁美(40)が18日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。夫の「さまぁ~ず」大竹一樹(52)に対する不満をぶちまけて、共演者の爆笑をさらった。

 小学2年の長男が、野球をする友達の姿を見て仲間に入れないと嘆いてきたそう。「僕は野球のルールも知らないし野球もやったことがないから、グループに入れないんだ」と告げられ、中村は大竹に相談した。大竹は「分かった。俺が教えてやるから、野球を!」と宣言したといい、「それで翌日買ってきたのが、野球のボードゲーム、野球盤。よーし、やるぞー、とか言っているんですよ。そこはまず、バットとグローブじゃないの…」と苦笑しつつ、語った。

 息子とパパが公園でキャッチボール。そんな姿を想像していた中村だったが、「(大竹は)ルールからだろみたいな。いいか、消える魔球は使っちゃダメだぞとか。(選手は)ここに並ぶんだよとか。どうでもいいやみたいな…」とこぼした。

 女性お笑いコンビ、クワバタオハラ・くわばたりえ(43)が「体を使って遊ばせてよって思う」とコメント、中村は「うちはおじいちゃんみたいな年齢、普段仕事して疲れているから。朝起きた瞬間から疲れているから。なかなか、体を使ってとかが」。続けて、「この時間くらいまでは寝てくれないと。うちは夫に対する愛とかじゃなくて、年齢的に死んじゃうので。見ているとこの人ちょっと、短命だろうなって思っちゃう。寝かせてあげなきゃ」とたたみかけて、スタジオを盛り上げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月18日のニュース