借金まみれの霜降り・粗品「未来の自分に金借りてるだけ」先輩芸人が絶賛したギャンブル観とは…

[ 2020年2月17日 20:20 ]

お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(27)が、17日放送のTBS「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(月曜後7・00)に出演。ギャンブルにお金をつぎ込み借金まみれであることを明かしたが、負けても賭け続ける自身のギャンブル観を告白。MCの有田哲平(49)らを驚かせた。

 ギャンブル好きで知られる粗品は「借金は増えましたね、ブレークしてから」といい「年収の3分の1しか借りられないんですけど、年収が上がったから借り入れが増えました」と、M-1王者となった2018年以降、借金がどんどん増えていったという。

 そのギャンブル中毒ぶりはすさまじく、相方のせいや(27)は「イベントの前に(競馬を)何レースかやって大金を失っているので、ツッコミに全然覇気がない」「ネタ合わせしたいときにレースを優先」と仕事にも悪影響が出ていることを指摘した。

 だが、MCの有田は「僕はそっち派だから素晴らしいと思う」と称賛。「芸人として絡んでて、俺たちの世代とかで『なんか粗品ってすげえよな』って噂が1回広まったのよ」と有田ら先輩の間で粗品のツッコミが話題になったという。

 「その凄みは多分100万から200万円賭けたときの凄み。やっぱ男は勝負しなきゃいけないときがあるのよ。大したボケじゃない時でも立ち上がって言わなきゃいけないとか。あんなのは、ギャンブルやってないやつはやらない。先輩にもビビることなく、ここはいかないといけない!って時に『やかましいわ!』って言えるところは凄い」と粗品の度胸を大絶賛した。

 それでもせいやは「大体負けるんですよね。得意じゃないのにやるから怖い」とあきれ顔。これに対し、粗品は「僕は勝ってる途中なんです。借金は増えてますけど、これはいずれ勝つためのプロセス。未来の自分に金借りてるだけなんです」と独自のギャンブル観を力説した。

 有田は「芸人としては最高」とほめたたえたが、ゲスト出演した乃木坂46の白石麻衣(27)は「熱中することがあるのは凄くいいことなんですけど…同い年として借金がたくさんあるのは、ちょっと…。もうちょっとしっかりしてほしいなって思います」と指摘していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月17日のニュース