北京公演断念の嵐、微博に動画メッセージ「皆さんの生活が平穏な日々に戻ることを…」

[ 2020年2月17日 19:35 ]

人気アイドルグループ「嵐」
Photo By スポニチ

 今春に予定していた中国・北京公演開催を新型コロナウイルスの感染拡大の影響により断念した嵐が17日、中国発のSNS「微博(ウェイボー)」の公式アカウントに動画をアップ。中国のファンへメッセージを送った。

 スーツ姿で登場した大野智(39)、櫻井翔(38)、相葉雅紀(37)、松本潤(36)、二宮和也(36)の5人は中国語であいさつし、その後に日本語でメッセージ。大野がまず「今日は僕たち嵐から皆さんに報告があります」と切り出し、櫻井が「今年4月に北京国家体育場、通称・鳥の巣でコンサートをさせていただく予定で準備を進めていましたけれども、今回は断念することになりました」と公演断念を発表した。

 松本が「2008年以来の中国公演を僕たちもとても楽しみにしていました」と胸中を語ると、相葉は「楽しみにしていてくださった皆様、本当にごめんなさい」と頭を下げておわび。最後は二宮が「一刻も早く皆さんの生活が平穏な日々に戻ることを祈っております」と締めくくり、その後、1999年のデビュー曲「A・RA・SHI」を中国語で歌う映像が流れた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月17日のニュース