キンプリ平野、セクゾ中島との初対面の思い出 急きょステージに立つはずが「紹介してくれた頃には…」

[ 2020年2月17日 17:29 ]

King&Prince
Photo By スポニチ

 Sexy Zoneの中島健人(25)とKing&Princeの平野紫耀(22)が17日、日本テレビ「バゲット」(月~木曜前10・25)にVTR出演。2人の初対面の思い出について語った。

 2人は4月スタートの同局の連続ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(土曜後10・00)でダブル主演する。役作りのために、撮影前に共に髪をバッサリ切った。平野は「(こんなに短くしたのは)5年ぶりくらいですかね」と言うと、中島は「首元もスース―しますし、今までで一番刈り上げた。朝の寝ぐせも、朝起きたらお猿さんみたいに(なってる)」と明かした。

 グループの枠を超えて仲の良い2人だが、初対面の時のことについて平野は「僕はめちゃくちゃ覚えてます」と述べた。平野がジャニーズに入って最初の仕事が“Sexy Zoneのコンサートを見に行く”というもので、昨年7月に亡くなったジャニーズ事務所前社長のジャニー喜多川さん(享年87)と行ったと話した。そこでジャニーさんから「YOUやっぱり出ちゃいなよ」と言われてステージに立ったが、「ひとりでテンパって」いたという。

 そして「僕の出番を健人くんが『今日、急きょ名古屋から来てくれた平野紫耀!』って紹介してくれるところがあったんですけど、(スタッフから)『曲の次に出ろ』って言われてたんですけど、全然把握してなくて、健人君が紹介してくれた頃には、僕楽屋にいまして…」と語った。この話に中島は「(記憶は)漠然としてるんですけど、やっぱり紹介して(ステージに)いなかったとしたら、彼は見えないくらいの速度で踊れるジュニアなのか(と思った)」と言って笑い合っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月17日のニュース