喜多村緑郎 騒動言及せず…報道陣に向かい5回ほど頭下げる 不倫騒動後初の公の場

[ 2020年2月17日 05:30 ]

初日の公演を終え、報道陣に頭を下げながら新橋演舞場を後にする喜多村緑郎(左は喜多村一郎)=撮影・吉田 剛
Photo By スポニチ

 女優鈴木杏樹(50)と不倫していたことが発覚した劇団新派の俳優喜多村緑郎(51)が16日、東京・新橋演舞場で舞台「新派特別公演 八つ墓村」に出演した。騒動後初の公の場だったが、自身のスキャンダルに関し言及する場面はなかった。

 終演後、タクシーへ乗り込んだ後、窓を開け、劇場に集まった約30人の報道陣に向かい、5回ほど小さく頭を下げた。妻で女優の貴城けい(45)と話し合ったかどうかなどの質問が飛んだが、答えることはなかった。

 名探偵・金田一耕助など1人3役を演じた舞台。観劇したファンの女性は「元々細い人なので、騒動で痩せたとか、体形の変化は感じなかった。むしろいつもよりも熱演だったように見えた」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月17日のニュース