LDHアーティスト10人が東京都聖火リレーグループランナーに決定 MAKIDAI「熱く盛り上げたい」

[ 2020年2月17日 15:10 ]

(上段左から)EXILEの松本利夫、MAKIDAI、Dream Ami、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのLIKIYA、陣、(下段左から)THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのRIKU、浦川翔平、武知海青、龍、鈴木昂秀
Photo By 提供写真

 EXILEなどが所属する芸能事務所「LDH JAPAN」のアーティストから10人が東京五輪の聖火リレーで東京都グループランナーに決定したことが17日、分かった。東京都聖火リレー実行委員会が発表した。

 選出されたメンバーは、EXILEの松本利夫(44)、MAKIDAI(44)、Dream Ami(31)、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのLIKIYA(29)、陣(25)、RIKU(25)、武知海青(22)、浦川翔平(22)、龍(21)、鈴木昂秀(21)の10人。開会式の前日である7月23日に都内1区間を10人で走る。

 松本とMAKIDAIはそれぞれコメントを発表。

 松本は「オリンピック聖火ランナーとして参加させて頂くことを大変光栄に思います」と感謝。「心を込めて務めさせて頂きます!そして東京オリンピックをLDH全体で盛り上げていきたいと思います!」と意気込んだ。

 MAKIDAIは「自国で開催されるメモリアルなオリンピックに聖火ランナーとして参加させて頂ける事、心より嬉しく思います」と喜びを表現し「選んで頂いた事に感謝し、LDHのアーティストのみんなで東京オリンピックを熱く盛り上げていきたいです」と思いを込めた。

 3月19日にギリシャの首都アテネで行われる、ギリシャオリンピック委員会から東京2020組織委員会に聖火を引き継ぐ「聖火引継式」の同式典で日本の文化パフォーマンスを披露する東京2020文化パートの監督にはEXILEのHIROが就任している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月17日のニュース