槇原敬之容疑者 来月発売のセルフカバーアルバム発売延期

[ 2020年2月17日 17:13 ]

槇原敬之容疑者
Photo By スポニチ

 歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕されたことを受け、来月4日に発売を予定していたセルフカバーアルバム「Bespoke」の発売を延期されることが17日、分かった。公式サイトで発表された。

 公式サイトでは「この度、弊社所属の槇原敬之が逮捕された件につきまして、ファンの皆様、関係各位の皆様へご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます」とあらためて事件を謝罪したうえで、「現在、引き続き、警察において取り調べ中のため、弁護士を通じ、事態の進捗を待っているところでございます」と報告した。

 そのうえで「そのような状況でございますので、来月発売予定でございましたアルバムは発売未定延期とさせていただきたいと存じます」と発売延期を発表。「楽しみにお待ちいただいておりましたファンの皆様、関係各位の皆様には重ねてお詫び申し上げます」とファンらに重ねて謝罪した。

 「このあとは、警察の発表をお待ちし、司法の判断をお受けしまして、また改めましてご報告させていただければと考えております」とし、「また、近親者、関係者への過剰な取材により、周辺の皆様へも大変なご迷惑をお掛けしておりますため、何卒お控えいただけますようご理解をお願い申し上げます。改めてファンの皆様、関係各位の皆様に重ねてお詫び申し上げます」と記した。

 槇原容疑者は昨年10月にデビュー30周年を迎え、カバーベストアルバム「The Best of Listen To The Music」をリリース。来月4日の他アーティストへの提供楽曲をセルフカバーしたアルバム「Bespoke」をリリースを前に、テレビやラジオ番組に出演して精力的にプロモーションを行っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月17日のニュース