唐田えりか ドラマ「病室で念仏を…」公式サイトから名前“消える”

[ 2020年1月24日 23:31 ]

女優の唐田えりか
Photo By スポニチ

 俳優東出昌大(31)との不倫が明らかになった女優の唐田えりか(22)がレギュラー出演していたTBS連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜後10・00)の出演を自粛。24日の第2話の放送開始時には番組公式サイトにあった名前と写真が、番組後には削除された。唐田は、病棟クラークの小山内みゆき役で出演していた。

 自粛は所属事務所から申し入れがあったという。代役を立てるかどうかなど詳細については今後検討。24日の放送については唐田の出演シーンをカットした。関係者によると、撮影済みの3、4話の出演部分も同様の編集をするという。

 唐田と東出は18年9月公開の映画「寝ても覚めても」で共演し、親密な関係になった。不倫問題が原因で、東出は妻で女優の杏(33)と今月上旬から別居し、離婚の危機を迎えている。18年5月、フランスで行われた「第71回カンヌ国際映画祭」では、唐田が階段を上がる際に東出が腰にずっと手を回したり、ドレスの裾を直す親密な様子が目撃されていた。

 唐田は未発表の民放ドラマにも出演予定だった。18年から専属モデルとして活動したファッション誌「MORE」(集英社)でもホームページのモデル一覧から名前が消えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月24日のニュース