アンガ田中 河井前法相夫妻に地元有権者として苦言 出馬勧められると腹抱えて否定

[ 2020年1月24日 15:14 ]

お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志
Photo By スポニチ

 アンガールズの田中卓志(43)が24日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、公職選挙法違反容疑で地元事務所が広島地検の家宅捜索を受けた自民党の河井克行前法相と妻の案里参院議員について、「昨日も広島に帰ったら、この話ばっかりでしたよ」と不快感を示した。

 河井前法相は衆院広島3区、案里議員は参院広島選挙区の選出。案里議員が初当選した昨年7月の参院選の公示前、案里氏と夫の克行前法相がそれぞれ支部長を務める自民党支部に対し、自民党本部から計1億5000万円の入金があったことが新たに判明した。

 広島県上下町(現府中市)出身の田中は、両議員に対して「必死さがみえてこない。広島県の投票した有権者の人たちの、何かを案里議員に託して入れた人の顔が見えているのかな。凄い何か不安なんですよね」と有権者の思いを代弁。「昨日も広島に帰ったら、この話ばっかりでしたよ。本当に、街の人(たちは)『ちょっとな~』みたいな…」と県内の様子を伝えた。

 真面目なコメントに、司会の坂上忍(52)は「もうあれじゃないですか、田中さん、そろそろ出番なんじゃないですか?」と国政進出をうながすと、田中は一人で爆笑。自身が選挙に出馬した様子を想像して笑いが止まらず、「おかしいって、田中ですか。田中卓志?いや、おかしいって。自分で吹いちゃった」と腹を抱えて、ありえない話を強調した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月24日のニュース