激震走った欅坂46、キャプテン菅井友香がお詫び 脱退の平手らに「それぞれの意志の固さ感じた」

[ 2020年1月24日 13:53 ]

欅坂46の菅井友香
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「欅坂46」のキャプテンを務める菅井友香(24)が24日、グループ公式サイト内のブログを更新。23日に発表された中心メンバー・平手友梨奈(18)の脱退、織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の卒業、佐藤詩織(23)の活動休止について言及した。

 菅井は「昨日、メンバーの織田奈那、鈴本美愉の卒業、平手友梨奈の脱退、佐藤詩織の一時活動休止が発表されました」と切り出し、「突然の発表となってしまい大変申し訳ございません」とメンバーを代表してお詫び。「なかなか言及することができず、みなさんお気持ちを考えると、とても心苦しかったです」と心境をつづった。

 自身の目に映った平手らの様子について「ずっと試行錯誤していましたが、メンバーとしてだけでなく、一人の人間として向き合った時それぞれの意志の固さを感じました」と説明。また「これだけの変化があり、本当に不安にさせてしまっていると思います」とファンの心中を察し、「今まで本当に色々なことがありました。その全てを糧に、積み上げてきたものを大切に、道を切り開いて行きたいです。私自身も、欅坂のために出来る精一杯の行動をして行きたいと思っています」と決意を記した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月24日のニュース