東出CM打ち切りへ 「よきパパ」イメージ崩壊 不倫の大きすぎる代償

[ 2020年1月24日 05:30 ]

俳優・東出昌大の不倫騒動、波紋広がる

俳優の東出昌大
Photo By スポニチ

 俳優の東出昌大(31)が女優唐田えりか(22)との不倫が原因で、妻で女優の杏(33)と別居していることが明らかになってから一夜明けた23日、東出とCM契約を結ぶスポンサー各社は対応に追われた。

 東出がCMに出演中の「フジ住宅」はポスターやのぼりなど、街頭広告の取り下げを各所に指示。ホームページからもCM画像などを削除し、放送中のCMについては「今後は適切に対応していきたい」とした。関係各所から問い合わせが相次ぎ、担当者は「弊社としても困惑しているところです」と話した。

 ミニバン「フリード」のCMに東出を起用しているホンダにも問い合わせが殺到。同社広報部は「CMを継続するかどうかは決まっていない。適切な対応を今後検討していきたい」と回答した。

 不倫の代償はあまりにも大きい。2013年のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で杏と夫婦役を演じて交際に発展し、15年に結婚。16年に双子の女児、17年に男児が誕生した。良き夫、優しいパパのイメージが先行していただけにCMも生活に密着したものが多く、スポンサー各社も不倫のショックは大きい。広告代理店関係者は「マイホームやファミリーカーなどの“家族CM”は打ち切られる可能性が高いのではないか」と指摘した。

 またサンスターは、東出が出演しているデンタルブラシ「G・U・M」のCM動画を同社のCMギャラリーから削除。同社は「いったん取り下げて、今後の対応を検討していく」とした。オンワード樫山はスーツブランドに起用。CMについて「事務所を含めて事実関係を確認中」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月24日のニュース