八千草薫さん死去 テレ朝「やすらぎの刻~道」も追悼 ヒロイン役予定も…

[ 2019年10月28日 18:30 ]

テレビ朝日「やすらぎの郷」制作発表記者会見に出席した(前列左から)女優の有馬稲子、八千草薫、脚本の倉本聰氏、俳優の石坂浩二、女優の浅丘ルリ子、加賀まりこ、歌手で女優の五月みどり
Photo By スポニチ

 テレビドラマ「岸辺のアルバム」をはじめ、映画、舞台と幅広く活躍した女優の八千草薫(やちぐさ・かおる、本名谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが24日午前7時45分、すい臓がんのため東京都内の病院で死去、88歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。2月にがんを公表し、治療に専念していた。

 八千草さんが出演した2017年のテレビ朝日の帯ドラマ「やすらぎの郷」の続編「やすらぎの刻~道」(月~金曜後0・30)は28日、番組公式ツイッターで「10月24日、八千草薫さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と追悼した。

 八千草さんは「やすらぎの刻~道」にヒロイン役で出演予定だったが、病気のため降板した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年10月28日のニュース