石井ふく子氏 八千草薫さん悼む「ふしぎな色気 透明感」「日本女性を象徴するような美人女優」

[ 2019年10月28日 17:15 ]

石井ふく子プロデューサー
Photo By スポニチ

 かれんで上品な雰囲気で親しまれ、テレビドラマ「岸辺のアルバム」をはじめ映画、舞台と幅広く活躍した俳優の八千草薫(やちぐさ・かおる、本名谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが24日午前7時45分、すい臓がんのため東京都内の病院で死去、88歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。2月にがんを公表し、治療に専念していた。TBS「渡る世間は鬼ばかり」などを手掛ける石井ふく子プロデューサー(93)が同局を通じて追悼コメントを発表した。

 石井氏は「存在しているだけで素敵な方でした。全身からふしぎな色気が感じられ、透明感があり、年齢を感じさせない方でした。映画スターさんだったので、最初テレビにはご縁がなかったのが『日曜劇場』にご出演いただけて嬉しかったことを覚えています。それ以来、テレビや舞台でお仕事させていただきました。やさしい心の中にしっかりと芯を持った方でした。日本女性を象徴するような美人女優さんで、和服がよくお似合いでした」としのんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年10月28日のニュース