高倉健さん養女・小田貴月さん「最期は急でした ギアを落として行くように」

[ 2019年10月28日 05:30 ]

高倉健さん養女・小田貴月さん 涙のインタビュー

インタビューで高倉健さんとの軌跡を語った小田貴月さん(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 【小田さんと一問一答<2>】

 ──愛ある大人の男女が配偶者ではなく養女という選択をしたのは?
 小田さん (手続き上の)書類を提出する約半年前に、私の母が脳梗塞で倒れました。高倉と何度も一緒にご飯を食べたりしていて、とっても元気な人だったんです。その人が倒れました。「えっ?僕より年下でしょ。あの元気な人が…」と、とても心配してくれました。看病に通う私に、「きょうはどうだった?」と尋ねてくれ、私は症状やお医者さまとのやりとりなどを報告していたんです。

 ──高倉さんもショックだったんですね。
 小田さん 親族じゃなければ病室で看病という形をとるのが難しい。そうしたシステムのこともお話ししました。すると、高倉は「僕の方が年上だよね。なりたくはないけど、僕も病気になるリスクはある。そうなったら困るね。(2人の関係に関して)何か出しておいた方がいいのかな?」と。

 ──それで養女に?
 小田さん そうです。その方が形式として穏やかだったからです。

 ──なるほど。そういうことだったんですね。でも、お話をうかがっていると「養女」とは真逆のような関係もあった感じも。
 小田さん 「お母さん」て言われました。「いえいえ、私はお母さんじゃありません」って言ったんですけど(笑)。でも、そういう感覚だったと思います。

 ──「奥さんにしてほしい」と言ったことはなかった?
 小田さん 一切ありません。言う必要がないんです。どうであってもすることに変わりありませんし、魂の問題だったので形式は必要なかったんです。私はお母さんですから。形式として、配偶者と養女の他に、お母さんがあれば、間違いなくそれでした(笑)。

 ── 一部で40億円の遺産を受けたという報道もありましたが?
 小田さん 少なくとも、私から申し上げたのではないことは、お分かり下さいますか。図らずも、私が真実ではない事柄を書かれる立場におかれたので、余計に高倉の気持ちに寄り添えるようになりました。

 ──高倉さんの最期はどんな様子でした?
 小田さん 「僕は弱ってる姿を誰にも見られたくない」と何度も繰り返しました。ですから、救急車も呼べず、ヘルパーさんも望めません。究極の孤軍奮闘でした。「誰にも見られたくない」。高倉のその望みを守り通しました。

 ──病院の中でも?
 小田さん 「そこまでする必要あります?」と思われたかもしれませんが、私はとにかく高倉を守ることしか考えていませんでした。私がどう思われようが、よかったんです。「検査室に行くまで、こういうルートを通っていただけないですか?」などのルートのご相談も、毎回させて頂きました。

 ──確かに入院しているのも全く漏れなかったですね。
 小田さん 亡くなった日のお昼過ぎに、師長さんが病室に来て「ご苦労さまでした。私はこの病院に勤めていますが、あなたのような方は初めて見ました」と話して下さいました。窓の外の晴れ渡った風景を2人で並んで、眺めました。イレギュラーな申し入れをたくさんしましたので、かなり困惑されたはずです。「すみません、小田(高倉)を守りたいんです」とひたすらお願いし、師長さんにご許可を頂きました。いろいろご迷惑をかけ続けてしまったと思いますが、「よくやり通しましたね」と声をかけていただいたことを鮮やかに覚えています。

 ──高倉さんはどんな患者さんでした?
 小田さん 本当に優良な患者で、我がままは絶対に口にしませんでした。看護師さんの処置では、「ありがとう」、時には、「上手(うま)いねぇ」と言葉を添えて、感謝を伝えていました。息を引き取った日は、お世話くださった多くの看護師さんが、病室でお別れをしてくださいました。「私達には、わかるんですよ。本当に、穏やかな顔です」と。その言葉に涙があふれました。とても、静かな時間でした。高倉が望んだ寿命の終え方だったと思います。

 ──穏やかに逝かれたんですね。
 小田さん 最期は急でした。ギアを落として行くように。「万が一ですが、腫瘍が神経に触れると痛みが出ます。その時は、こちらの判断で痛みを和らげる薬を使うことがあるかもしれません。その後は会話が難しくなりますがご了解ください」と言われ、様子を見守りましたが、「大丈夫です。小田(高倉)さんは自分で逝けます」と先生がおっしゃり、最後は2人きりにしてくださいました。

 ──高倉さんとの17年間を振り返れば?
 小田さん 規格外の出逢いと、別れでした。高倉の声、笑顔…。とてつもないエネルギーの塊を、本人の希望通りに逝かせることができました。皆さまへの感謝しかありません。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年10月28日のニュース