八千草薫さん死去にネットで悲しみ広がる「歳を重ねても可愛らしく上品」「笑顔が素敵な女優さん」

[ 2019年10月28日 15:38 ]

八千草薫さん(2015年撮影)
Photo By スポニチ

 「宮本武蔵」「ディア・ドクター」などの映画や「岸辺のアルバム」をはじめとする名作ドラマに出演した女優の八千草薫(やちぐさ・かおる、本名谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが膵臓(すいぞう)がんのため死去したことが28日、分かった。88歳。大阪府出身。

 昭和を代表する名女優の訃報にインターネット上にも悲しみの声が続々と挙がった。

 ツイッターではたちまちトレンドの1位に「八千草薫」があがり、「可愛くて大好きだった」「歳を重ねても可愛らしく上品な女優さん」「おっとりしてて優しげで憧れだった」「大好きなおばあちゃまだったのに」「上品で飾らない笑顔が素敵な女優さん」「もうあの演技が見られないのは残念」といった声のほか、「『交渉人真下正義』の演技が大好きだったなぁ」「映画サトラレでおばあちゃん役を演じていた八千草薫。桜並木のシーン泣けたなあ」などと、多数の映画、ドラマに出演した八千草さんだけに作品名を挙げて惜しむ声も多かった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年10月28日のニュース