八千草薫さん死去、所属事務所「故人の希望」でお別れの会行わない意向と発表

[ 2019年10月28日 17:42 ]

八千草薫さん(2015年撮影)
Photo By スポニチ

 「宮本武蔵」「ディア・ドクター」などの映画や「岸辺のアルバム」をはじめとする名作ドラマに出演した女優の八千草薫(やちぐさ・かおる、本名谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが24日、午前7時45分、膵臓(すいぞう)がんのため死去したことが分かった。88歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

 八千草さんの所属事務所「柊企画」は28日、公式サイトで「八千草薫 逝去のお知らせ」として文書を発表した。「令和元年 10月24日木曜日 午前7時45分八千草薫が、膵臓がんにより都内の病院にて永眠致しましたのでお知らせ致します。故人の希望により、お通夜・告別式等は近親者で既に済ませました」と報告した。

 お別れの会なども八千草さんの遺志を尊重して行わない方針といい、「申し訳ございませんが後日のお別れの会等も故人の希望により予定はございません」と記した。「長年にわたり、女優八千草薫を応援、ご指導、ご鞭撻を賜りまして誠にありがとうございました。ここで謹んでお礼を申し上げます。ありがとうございました」と結んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年10月28日のニュース