青学大・原監督 東京五輪マラソン&競歩の札幌開催案に「トップ選手、指導者は思いを発信すべき」

[ 2019年10月28日 08:07 ]

青学大陸上部監督の原晋氏
Photo By スポニチ

 青学大陸上部の原晋監督(52)が28日、TBS「あさチャン」(月~金曜前5・25)に出演。20年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案について言及した。

 原氏は「アスリートのトップ選手、あるいは指導者、陸連幹部が当事者意識を持って自分たちはどこでしたいんだっていうことを訴えるべきだと思う」と指摘。「それが東京五輪後のレガシーだと思う。自分の意見をしっかり言えるような文化をつくっていくことが大切」とし、「発信することって、いろいろな手法があるんで、決まったことにただ従うというだけでなく自分たちはこうしたいんだっていう思いを伝えてほしい」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年10月28日のニュース