七之助「父の魂を引き継いでいきたい」関西26年ぶり東海道四谷怪談上演へ「責任重大」

[ 2019年7月30日 05:30 ]

「九月花形歌舞伎」の成功祈願に出席した中村壱太郎(左)と中村七之助
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の中村七之助(36)、中村壱太郎(28)が29日、東京・陽運寺で京都・南座新開場記念「九月花形歌舞伎」(9月2~26日)の成功祈願に出席した。

 「東海道四谷怪談」を関西で26年ぶりに上演。七之助は「プレッシャーはある。責任重大です」と気を引き締めた。同作は中村屋が積極的に取り組んできた演目で、七之助がお岩を初役で演じる。坂東玉三郎(69)に稽古をつけてもらっているといい「玉三郎さんの教えと父(勘三郎さん)の魂を引き継いでいきたい」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月30日のニュース