貴乃花氏が赤裸々告白「恥伝説」とは? 滝沢カレンは女優デビューの真相明かす

[ 2019年7月30日 15:56 ]

MBSテレビの特番「出川哲朗の恥の王様~恥の数だけ人生は豊かになる~」に出演の(左から)貴乃花光司氏、出川哲朗、平成ノブシコブシ・吉村崇
Photo By 提供写真

 MBSテレビの特番「出川哲朗の恥の王様~恥の数だけ人生は豊かになる~」(31日後8・00、関西ローカル)は、各界の有名人が「アノ恥があったから今がある」と、自身の“転機となったアノ瞬間”を振り返る。MCは「恥の王様」出川哲朗(55)、進行は平成ノブシコブシの吉村崇(39)、ゲストは貴乃花光司氏(46)、滝沢カレン(26)、木嶋真優(32)、安藤美姫(31)、アンミカ(47)、IKKO(57)ら。

 ゲストの有名人が、人生の肥やしとなった赤っ恥体験を披露。泣けるほど恥ずかしかったアノ過去の記憶が、不思議と明日への活力に変わる瞬間をトークする。

 元横綱の貴乃花氏は世の中でまことしやかに囁かれている「ちょっと不思議な行動・貴乃花恥伝説」を本人が洗いざらい話し、真実を明かした。また、モデル・滝沢は独創的なワードセンスで大活躍するが、恥ずかしい女優デビューの真相を披露。モデル・アンミカはパリコレを目指して受けたモデル事務所のオーディションに全滅した衝撃の過去を告白。さらに幼少期の超貧乏生活について話し、中川家と極貧エピソードで意気投合するシーンも。美のカリスマ・IKKO、天才ヴァイオリニスト・木嶋らにもスポットを当てる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月30日のニュース